本文へスキップ

野菜コーディネーターを目指すための情報サイトです

フードコーディネーターとは/野菜コーディネーター

野菜コーディネーター

野菜コーディネーター養成講座

フードコーディネーターとは

食をトータルで演出 
フードビジネスのさまざまなシーンで活躍。

 
仕事は幅広く、メニュー開発、店舗プラニング、テーブルコーディネート、飲食店のコンサルティングなど、フードビジネス全域にわたる。
 
料理作成やメニュー開発、食器や食卓の演出などをトータルにコーディネートする専門家も。調理師、栄養士、食品製造、販売業者など、仕事の幅を広げるために取得をめざす人もいる。


■試験情報
受験資格: 3級=満18歳以上 2級=日本フードコーディネーター協会3級認定登録者
受験科目: 3級=デザイン・アート、経済・経営、科学、文化。 
2級=1次:レストランプロデュース、食の商品開発、ホスピタリティ&ライフサポート、食のイベント・メディア。 2次:専門分野別に出題(企画書形式解答)
申込期間: 3級=6月下旬〜8月上旬 2級1次=5月上旬〜6月上旬
試験日: 3級=11月上旬、2級=1次:6月下旬、2次:8月下旬
試験地: 3級=札幌、東京、横浜、名古屋、大阪、福岡 
2級=1次:東京、名古屋、大阪、福岡 2次:東京、大阪
受験料: 3級=10,000円 2級=1次:10,000円、2次:12,000円
受験者: 3級=1,915人(平成21年度) 2級=1次:277人、2次:273人(平成22年度)
合格率: 3級=88.3%(平成21年度) 2級=1次:77.3%、2次:36.6%(平成22年度)



がくぶん 野菜コーディネーター講座


「野菜コーディネーター」の資格を認定!

野菜と果物の魅力をまるごと学べる!
おいしさと栄養を逃がさない特別レシピつき

野菜コーディネーター講座の詳しい資料の請求は